My daily life

2022年7月第一子出産予定のプレママです。
4月〜里帰り実家暮らし。

楽天ROOMでオススメ紹介中♪

ブリスベンでコアラを抱っこ!カンガルーに餌やり!【ローンパイン・コアラ・サンクチュアリ】

Australia

オーストラリアと言えば、コアラ!カンガルー!
せっかく来たからには、会いに行かなければ!
と言うことで、行ってきました!!

ブリスベンでコアラを抱っこできる場所です。

【ローンパイン・コアラ・サンクチュアリ】

https://koala.net

↑  ↑  ↑
HPです。

ローンパイン・コアラサンクチュアリの場所

ブリスベン市内から車で15分ほどです。
私たちはレンタカーで行きました。
駐車場は無料です。

場所はこちら。


開園時間や入園券について

9時開園です。

チケットですが、前売り券と当日券では
値段が違うようです。

オンラインで購入すると37.80$です。
現地で購入すると42$のようです。
どちらもオーストラリアドルです。

私たちはオンラインで購入しました。
それがとても安くでどうしてなのかなと
思っていたら、USDでの決済でした。





以上は二人分の金額です。
日本円で5410円。
私たちはグーグルマップでローンパインを調べ、
マップにチケット購入ボタンがあったので、
そこからチケットを購入しました。
PDFファイルでチケットのQRコードが
送られてくるので、印刷せずに持参。

せっかくなのでコアラを抱っこしたいと思い、
9時開園の20分前に到着しました。

前には5、6人ほど並んでいました。
9時ちょうどに開園。
QRコードのあるPDFファイルの画面を見せると、
「印刷していないならここで印刷をするから、
このアドレスにメールして」
と言われ、メールを送信している間に
10名くらいに先越されました(笑)
無事にメールも届き印刷も終わり、
特に何も貰わず、中へ。

コアラを抱っこするには?


コアラを抱っこしたいけどどこに行けばいい?
と聞くと、入って右にまっすぐ進んで左に行ってね
と教えてくれました。
実際、聞かなくても、道なりに進むと辿り着きます。
コアラのマークの看板もあるので、わかりやすいです。

9:10にコアラ抱っこの場所に到着。
15名ほど先に並んでいました。
9:30からいよいよ撮影です。
20分間待っている間もたくさんの
コアラを見ることができます。
ほぼ動かずに寝てましたが😅


コアラ抱っこは一人25AUDです。
コアラのところで払います。
ほとんどの人がクレジットカードで
払っていましたが、現金もOKです。

お金を払いしばらく列に並びました。
荷物などはカゴに入れて、コアラを抱っこします。
カメラマンが写真を撮ってくれますが、
自分のスマホを渡したらスマホでも撮ってくれます。

飼育員さんがコアラを大事に大事に
渡してくれます。
コアラは暴れることなく、終始おっとりしてました。
ゆっくりと私に抱っこされてくれてこの表情。
たまらん、、、、♡

抱っこは一瞬だったけど大満足!!

その後目の前にあるお店で5分ほど待つと
写真が出来上がり壁に貼られるので、
自分のを見つけたら自由に持ち帰ります。

待っている間に、お土産とカンガルーの餌を買いました。

カンガルーに餌やり



写真をもらって次はカンガルーのところへ。


たくさんカンガルーがいるのに、
人間が立ち入り禁止のところにいて
寝ているカンガルーばっかり!!
何匹かはこちらまで来て餌を食べてくれます。
「仕方ないから食べてやるよ」
って言う声が聞こえてきそうでした笑

相手をしてくれてありがとう!笑
手にある餌を上手に食べてくれます。
コアラより毛が気持ちよかった!!

ショーなどのスケジュールについて

入り口付近にスケジュール表がありました。
いろいろなショーが行われているみたいです。
コアラを抱っこできるのは、
9:30からだけのようです。
その他の時間は触ることはできます。
せっかくですから抱っこできる開園時間に
いくことをお勧めします。
9時以降の到着でも抱っこはできますが、
結構な時間並ばなければならないし、
必ず抱っこできるという保証もないので、、、
コアラにストレスを与えすぎないよう、
人数制限もあります。


私はオーストラリアで一番の思い出になりました。

皆さんもブリスベンに来たら
是非行ってみてください♡

ちなみにレンタカーがない場合、
バスかタクシーか配車アプリで行けます。

今回の旅行では、電車とバスとレンタカーと
配車アプリを使って移動しました。

私の印象としては、郊外に行くとタクシーはほぼいない。
流しで捕まえるのは無理。

そこで利用したのが配車アプリです。
オーストラリアでは、
UberとDIDIとOlaの3つが主流のようでした。

一番安かったのがDIDIでした。

DIDIは日本でも使えます。
日本ではタクシーの配車アプリです。
予め行き先を設定できるので、
英語がわからなくても苦労しません。

オーストラリアでは、台数もとても多く、
長時間待つことはありませんでした。
値段は日本のタクシーと同じくらいという印象です。
ネット決済で事前に値段もわかるので、
ぼったくりに合う心配もありません。笑

旅行の前にダウンロードと設定をオススメします。

こちらからダウンロード
↓  ↓  ↓

https://apps.apple.com/jp/app/didi-ディディ-タクシーがすぐ呼べる配車アプリ/id1362398401

その際、コード入力でクーポンがゲットできます!

以下のクーポンコードをお使いください。

TCQMJ7B2





日本でダウンロードしてクーポンをゲットしておくと、
空港にタクシーで安く行けちゃいますね!

海外で使用する際は、
インターネットにつながっている事が条件です。

オーストラリアのSIMがとても安くて快適だったので
こちらもまた記事にします。

タイトルとURLをコピーしました